droptokyo

HOME

JOURNAL

JOURNAL > DIOR & I : RAF SHIMONS TAKES US BEHIND THE SCENES AT DIOR
tweet
Raf Simons (ラフ・シモンズ) 手掛ける Dior (ディオール) の制作現場に密着したドキュメンタリー『ディオールと私』が3月14日 (土) 公開

3

March

2015

2012年、Dior (ディオール) の新アーティスティック・ディレクターに、Raf Simons (ラフ・シモンズ) が就任した。フランスの由緒と伝統あるメゾンに、フランス人ではなくベルギー出身の、しかもオートクチュールの経験がまったくない“ミニマリスト” の Raf が抜擢されるというのは予想外の人事で、ファッション業界を驚かせたのはまだ記憶に新しい。

© CIM Productions

© CIM Productions

映画『ディオールと私』は、Dior社屋の最上階にあるアトリエで、Raf Simons が初めてお針子たちと顔を合わせるところから幕を開ける。フランス語が堪能ではないRaf は通訳を挟みながら笑顔で挨拶を交わすものの、互いにどこか打ち解けない感じがその表情からリアルに伝わってくる。とにかくデビューショーとなる2012-13年秋冬オートクチュールコレクションまで、わずか8週間しかない。Raf が提案する難題に対し、ギリギリの絶妙なタイミングで完璧に応えていくスタッフたち。観ているこちらまで手に汗握るシーンが、本作ではまるでドレスに一針ずつ刺される緻密なビジューのように連なり続ける。またそれらの合間には、Raf がスケッチなしでデザインを組み立てる独特のスタイルや、神業のようなアトリエの秘技も自然と収められていて、人によってはインスピレーションに富んだ映像として映るはずだ。

テーラード部門の職長モニク・バイイ (中央)、ドレス部門の職長フロランス・シュエ (右) とラフ・シモンズ | © CIM Productions

テーラード部門の職長モニク・バイイ (中央)、ドレス部門の職長フロランス・シュエ (右) とラフ・シモンズ | © CIM Productions

正統な伝統を引き継ぐアトリエというのはメゾンにとって心臓部ともいえる場所で、普段は完全に閉ざされており、カメラが潜入するのは同作が初となる。アトリエにはテーラー部門とドレス部門があり、そこにRaf 率いるデザイン起案チームが加わり、さらにファブリック・コーディネーターもいて、全体を統括するディレクターやコミュニケーション担当も日々激務に追われている。スタッフたちがいろんな場面で困難に立ち向かう描写から、ひいてはチーム Dior の揺るぎなく重厚なフォーメーションが浮かび上がってくるのも、この映画の見どころのひとつだ。

© CIM Productions

© CIM Productions

もともとカメラ嫌いで有名な Raf だが、やはり寡黙な人のようで、激情することがあっても表にはなかなか出さないタイプであることが本作中で確認できる。そんな彼がショーの後、ランウェイに出てきた時には感情を抑えきれず喜びに満ちた顔をしている。Anna Wintour (アナ・ウィンター) や Susie Menkes (スージー・メンケス) らファッション界のうるさ型が、まるで我が子のことのようにショーの成功を喜んでいる様子にも思わず胸を打たれるし、世界トップのパリ・ファッションを動かす人の力と歴史の重みを改めて思い知らされる。

2012-13年秋冬オートクチュールコレクション | © CIM Productions

2012-13年秋冬オートクチュールコレクション | © CIM Productions

なお本作は、Dior の創設者 Christian Dior (クリスチャン・ディオール) の自伝『ディオールと私』(1956年) がベースとなっている。映画の中では、生前の Dior を捉えた映像や声が時折オーバーラップされていて、現在の Raf の姿と不思議なシンクロニシティを見せる伏線があることも心に留め、劇場に足を運びたい。

 

<映画情報>
『ディオールと私』
監督: Frederic Tcheng (フレデリック・チェン)
出演: Raf Simons (ラフ・シモンズ)、Dior スタッフほか
2014年/フランス/DCP/ビスタサイズ/90分/仏語・英語/日本語字幕:古田由紀子
後援: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力:ユニフランス・フィルムズ
配給: アルシネテラン、オープンセサミ
提供: アルシネテラン、オープンセサミ、Bunkamura
HP: dior-and-i.com
3月14日 (土) Bunkamura ル・シネマほか全国順次公開

 

<劇場招待券プレゼント>
抽選で3組6名様に『ディオールと私』の劇場招待券をプレゼントします。下記リンク先のフォームよりご応募ください
URL: https://docs.google.com/forms/d/1DHt4G5vnnGDGo56W1I6ckHa8Rq6t6l0qV4D-zbvc-zI

 

応募締切: 3月6日 (金) 18:00まで
*当選者の発表は、景品の発送をもってかえさせていただきます
*「Bunkamura ル・シネマ」のみ利用可能なチケットとなります

 

創業者のChristian Dior | © CIM Productions

創業者のChristian Dior | © CIM Productions

 

DIOR & I : RAF SHIMONS TAKES US BEHIND THE SCENES AT DIOR

PAGETOP